無数のバリエーションがあるブルーベリー|工夫次第で美食に変身

肝機能に効く成分

白いサプリメント

肝臓の負担を減らします

しじみに多く含まれるオルニチンは、肝臓機能の負担を減らすのが大きな特徴です。オルニチンを摂取すると、肝臓で行われるアンモニアの解毒がよりスムーズに行われます。解毒に要するエネルギーが軽減出来るため、疲れた肝臓も再び活動を開始するのが常です。アンモニアは、口から取り入れた食物を消化する時に発生する物質です。従って、日頃から食事量が多い方は、発生量も多くなる傾向があります。こうなると肝臓が常にフル活動する状態となり、機能低下を起こすことがあるのが問題です。オルニチンは、そういった状態を正常なサイクルに戻してくれます。食生活の問題から肝臓が疲れがちな方に特に適しているのが、このオルニチンの成分です。

蛋白質を適量に抑えます

血液検査などを受けると、アンモニアの産生量を知ることが出来ます。血液中のアンモニアが多い場合には、肝臓の機能が低下しているのが一般的です。十分な解毒が出来なくなっている状態と判断されるため、精密検査を要します。肝機能が低下する原因の一つとなるのが、過食です。特に現代人に多い蛋白質中心の食事は、肝機能を疲れさせます。蛋白質は、消化の過程で多量のアンモニアを発生させてしまう栄養素です。肉や魚に偏った食事が続いている方は、特に気を付ける必要が出てきます。オルニチンのサプリメントを必要とする状態の時は、蛋白質の摂取量も適量に留めることが肝心です。肝臓に負担をかけないことを、第一に考えることが求められます。